Spaxのサービス

  • Spax-Net 1拠点80扉アクセスコントロールシステム 容易に管理できるシステム スマホかざして90度回転で認識
  • Spax-EVO ハイスペックアクセスコントロールシステム 最大64扉まで制御できるシステム スマホかざして90度回転で認識
  • Spax-Alone 1扉アクセスコントロールシステム Mobile Access System スマホかざして90度回転で認識
 
 

Spax-EVO

①登録人数 10,000名(最大125,000名)
②1〜64扉まで一括管理ができます。
③パソコンを使用してカード管理、入室制限。
④扉の利用状況をわかりやすいアイコンで確認できます。
⑤スマートフォン・Felicaカード・Mifareカード・HID iCLASSカードが使用できます。(オプション)
※MobileスマートフォンにはHID社が提供するアカウントが必要になります
※Felicaはソニー株式会社の登録商標です
※VerTexはHID Globalの登録商標です
⑥アンチパスバック機能があります。
(アンチパスバックとは入室の際のID認証がないと退出時の認証を許可しない仕組みです。主に共連れを防止します。入退室の2つのリーダーが必要となります。)
⑦マルチパーソン機能があります。
(マルチパーソンとは複数人が認証しないと入室を許可しない仕組みです。)
⑧火災連動します。
(火災発生時に全扉解錠し復旧後は施錠します。)
⑨警備連動できます。
(警備信号の入力があるとカードの使用ができなくなります。)
⑩履歴自動取得機能。
⑪複数PCからの同時アクセスと操作が可能となりました。
⑫簡易勤怠管理機能。
(出勤・退勤の履歴、月ごとに各人の集計をCSVにて摘出。)
⑬データ自動バックアップ機能。
⑭操作マニュアル機能。
(管理ソフトで操作手順が確認できる。)
EVO V1000は最大32台まで「V100/V200/V300」を接続可能
・V100は1台でカードリーダー2台まで制御
・V200は最大16ポートの入力信号をアクセス監視
・V300は最大12ポートの出力信号をアクセス制御
・電気錠は通電時施/解錠型に対応(モーター錠仕様は別途)
※オプションでクラウド対応サービスがあります。
 

Spax-EVO機器構成

  • カード認証
  • 指紋認証
  • 静脈認証
  • テンキー&カード認証
 

Spax-EVOシステムの特長

専用パソコンが不要になりました。

クラウド型のデスクトップを使用しますので、従来の管理用パソコンを用意する必要がありません。
リモートデスクトップ機能が使用できるパソコンであればどのパソコンからでもアクセスできます。

日本中、世界中どこに設置場所、管理場所を問いません。

インターネット環境があれば、VPNを組むことなく遠隔管理ができます。
サーバー拠点を日本かアメリカのどちらかを選べます。
必要なのはポート開放のみです。(設置側のグローバルIPの固定が必要です。)
例えば、大阪、福岡、仙台の各拠点を東京で一括管理が可能です。

パソコン以外でも接続できます。

スマートフォンやタブレットやipad、iphoneなどでもいつでも、どこでも接続できます。
急なカード紛失や、鍵を開ける必要がある時などにすぐに対応できます。

セキュリテイも万全です。

OSにWindows Server 2012 R2を使用しております。
接続にはアカウントとパスワードが求められ、サーバー自体のセキュリティも万全です。

Spax-EVOシステム

クラウドサービスの安全性について

クラウド導入を検討する際の懸念点として、まず挙げられるのが「セキュリティー」です。
デスクトップクラウド は、ビジネスユースを前提とした堅牢なサービスとして注意深く設計されています。
ネットワーク、ハイパーバイザー、仮想サーバーにおいて多重のセキュリティー対策を施すことで、
安心してご利用いただける安全なクラウドサービスとして自信をもってご提供いたします。
デスクトップクラウドの誇るCIM(シム)テクノロジーが、お客さまのクラウド環境を安全に保ちます

 

Spax-EVO機器構成

HID製 マルチリーダー 64Bit Spax仕様

世界中で使用されていて、No,1実績のHID社のカードリーダ
幅5cm、縦10cm、奥行2cmで小型
Spax-EVOコントローラと接続出来るようにモディファイ済みです。
Felica、Mifareカードの両方を照合可能です。

外形寸法 W=48.3mm H=102.6mm D=20.3mm
重量 90.7g
材質 ボリカーボネートUL94
電源 DC10~16V 65mA
反応距離 7.6cm(カードの種類により異なります。)
温度 -35℃~65℃
湿度 5%~95%(結露無き事)
防水規格 IP55
 

Spax-EVO アクセスコントローラ

型番 EVO V1000
管理用パソコン Windows 7/8/10(32bit、64Bit)
Windows Server 2008/2012/2016
メモリ:2GB〜4GB以上
FDD:320GB以上
モニター解像度 1280x768
カード登録枚数 システム全体で10,000枚 最大125,000枚
履歴保存件数 オフライン時:99,999件
オフライン時:管理用パソコンにリアルタイム転送
入力電源 DC12V,DC24V
消費電源 12-24VDC:210mA
上位通信 TCP/IP
下位通信 RS-485
サブコントローラ接続数 1台につき最大32台(V100・V200・V300)
寸法/重量 147.3(W)x 122.55(H)x 32.38(D)/ 約0.35kg

※システム内容により機器が変更になる場合があります

 

Spax-EVO 管理ソフト

鮮明な写真レベルのカード印刷承ります

入退室管理システムに使用するFelica・Mifareカードへの印刷も承ります。ロゴの作成、社員証、会員証、学生証をご要望に応じ作成致します。使用するプリンターはカードプリンターの最上位モデルです。鮮明な写真レベルのカード印刷を短納期で実現しました。お気軽にお問合せ下さい。

社員証見本

社員証見本

会員証見本

会員証見本

学生証見本

学生証見本

 
詳しくはこちらをご覧下さい